知って得する面白雑学

何故、外トイレができないか?

「子どもだけじゃないんです 外でウンチができない」と題された記事がアエラ(No.17 2013.4.15)に掲載されていた。

 

何故、外でウンチができないのでしょうか?

 

アエラでは、「他人が使った雰囲気が残っているだけで、もうイヤ。公共のトイレでウォシュレットを使うなんて考えたこともない」など、他人と同じトイレを使うことに抵抗がある人が多いとのこと。

 

500人に聞くアンケート調査の結果、この悩みを抱える人は、約2.4%いることが分かった。

 

実は、私も少し前までは外のトイレで大便することが出来ませんでした。やはり、誰だが分からない人が使ったトイレを使うのに抵抗がありました。様式トイレは、便座部分を良く拭いて綺麗にしないと座れません。会社のトイレやデパートのトイレなどは比較的綺麗ですが、公園のトイレは暗くて汚く、駅のトイレなどは吐瀉物で足の踏み場のない状態でした。とにかく、外でもよおした場合でも自宅に戻るまで我慢しました。

 

しかし、最近の駅トイレはかなり綺麗になった感じがします。高級感を出すデザインされた門構えになったり、とても清潔で綺麗となり、汚いイメージが払拭されました。(汚いトイレは未だありますが)。以前よりは、だいぶ外トイレが利用できるようになりました。女性向けの擬音装置が付いたトイレも多くなりまた、トイレをただのトイレではなく、居心地の良い空間にする傾向も強まっている。

 

 

 

△もっと知りたい面白雑学2トップへ

東京トイレマップ

それでも、外トイレはちょっと苦手という人に、こんな本があります。

 

 

外出時に「トイレに行きたい!」ときのためのマップ。東京のおしゃれなレストルームも紹介。私たちのトイレ環境を様々な角度からお伝えします!−渋谷や恵比寿などの繁華街で、使えるトイレマップ。

 

こういう本が、昔からあったら良かったですね。トイレは、只の用を足す場所ではなくて、居心地のより空間であってほしいものですね。トイレが、癖になっちゃうかも知れませんね?

 

 

 

△もっと知りたい面白雑学2トップへ