ステルスマーケティング

ステルスマーケティングとは

「ステルスマーケティング」という言葉を聞いたことがあるだろうか?日経新聞(2012.02.24)の朝刊「春秋」というコラムに掲載されていたので紹介したい。ステルスマーケティングとは、略して「ステマ」と呼ぶ。レーダーに捕らえにくいステルス戦闘機にならい、その名が付けられ、宣伝と気づかれないように宣伝する手法のことを言う。最近では、ランキングと口コミで探せることで有名となった「食べログ」で使われていたことが発覚して問題となった。この手法は、卑劣な宣伝手法として欧米などの国で違法とされている。日本では、昔から「サクラ」という名前で有名。

 

世界中で「ステマ」に違いないと話題になったもので、英語サイトが仕掛けたネットアンケートというものがある。例えば、歌ってほしい歌手をアンケートするとして、世界のビックアーティストを差し置いてKポップの歌手が上位を占めたことがあった。その後、日本の仮想アイドルの「初音ミク」が突然浮上して、Kポップの歌手と抜き去ったらしい。韓国ステマに対抗意識を燃やした米欧の若者らが組織で投票したとのうわさが流れている。

 

 

 

△もっと知りたい面白雑学トップへ

最近のステマ

この”宣伝と気づかれないように宣伝する”、「ステマ」は世界中の多くの権力者達が、世論の誘導のために使っていると言われている。ネット大国である中国の共産党政権に都合の良い書き込みをする「五毛党」(書き込みの報酬として、0.5元をもらう人達)の存在が知られている。

 

他にも有名な「ステマ」を調べて見ると、デビットマニング事件、Zipatoni社事件、ウォークマンの宣伝手法、ウォルマートやらせブログ事件、Google急上昇ワード事件、J-Payment社による知恵袋ステマ請負証拠流出事件などがある。詳細は、以下の「ステルスマーケティング」を読んでもらいたい。

 

■「ステルスマーケティングとは」(ニコニコ大百科)

 

【送料無料】Twitter...

【送料無料】Twitter...
価格:1,575円(税込、送料別)

 

 

 

△もっと知りたい面白雑学トップへ