節分とは

節分とは

Wikipedia「節分」には、「節分(せつぶん、またはせちぶん)は、各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のこと。節分とは「季節を分ける」ことをも意味している。特に江戸時代以降は立春(毎年2月3日ごろ、うるう年は2月4日ごろ)の前日のことを指す場合が多い。」とされている。英語では、the day before the beginning of spring と言う。

 

昔は、宮中での年中行事で、牛と童子の人形を大内裏の各門に飾って鬼を払う悪霊ばらい行事。現代は、柊の枝に鰯の頭を刺したものや、縄に柊やイワシの頭を付けたものを戸口に立てて、季節の変わり目に出てくる鬼(邪気)を追い払う。また、炒った大豆(炒り豆)を蒔いて鬼を追い払ったりもする。

 

我が家でも、柊の枝を戸口にさして「鬼は外、福は内」と声を出しながら豆まきをします。
大抵、私が鬼役なので鬼のお面をかぶって家中かけずり回ります。
蒔いた豆は、埃を払って自分の年齢分(数え年)だけ取って食べます。

 

※数え年とは、生まれた時を1歳として、正月を迎えた年数。

 

 

 

△もっと知りたい面白用語集トップへ

節分の行事

節分 豆まき,節分 豆 レシピ,節分 鬼,節分 いわし,節分 恵方,節分 お面,節分 料理,節分,恵方巻,いわし

恵方巻↑

 

節分の行事には前述の「豆まき」の他にもいろいろとあるので、そのいくつかを紹介する。

 

■恵方巻
節分(2月3日)の夜に恵方の方角を向いて、無言で恵方巻(太巻き寿司)を丸かじりにすると幸運が訪れると言われる。
・巻き寿司 → 「福を巻き込む」
・切らずに丸かじり → 「縁を切らない」

 

「恵方」とは、干支に基づいて定まる陰陽道でめでたいとされる方角のこと。
その方角には、その年の歳徳神(としとくじん)がいるとされる。
※2009年の恵方は「東北東」の方角。

 

■お化け
浅草、京都の祇園、大阪の北新地などでは、芸者や舞妓達がいつもとは全く違う衣装を身につける。これは、「お化け」と言われ、魔を追い払うことが出来ると信じられていた。

 

 

 

△もっと知りたい面白用語集トップへ

アンパンマン巻き寿司の作り方

■アンパンマン巻き寿司の作り方

 

こんな巻き寿司を作ったら、子どもが喜ぶだろうな?

 

寿司インストラクター協会 JSIA 認定講座開催中
http://www.sushiacademy.co.jp/about_kazari

 

 

△もっと知りたい面白用語集トップへ