二十四節気

二十四節気(にじゅうし‐せっき)とは

初期の陰暦では、一年を二十四等分した「平気(へいき)」を採用していたが、1844年に最新の天文学の知識による改良を加えた「定気(ていき)」を採用した。
「二十四節気」は、「二十四気」とも言われ、月名を決定し、季節とのずれを調整するための指標として使用される。

 

また、Wikipediaでは、『二十四節気は、中国の戦国時代の頃に太陰暦による季節のズレを正し、季節を春夏秋冬の4等区分にするために考案された区分手法の一つで、1年を12の「中気」と12の「節気」に分類し、それらに季節を表す名前がつけられている。

 

なお、日本では、江戸時代の頃に用いられた暦から採用されたが、元々二十四節気は、中国の気候を元に名づけられたもので、日本の気候とは合わない名称や時期もある。そのため、それを補足するために二十四節気のほかに土用、八十八夜、入梅、半夏生、二百十日などの「雑節」と呼ばれる季節の区分けを取りいれたのが、日本の旧暦となっている。』と書かれている。

 

平気(へいき):陰暦の一年を、各一五日ずつの二十四節気に平分すること。
定気(ていき):春分点を基準とした黄道を二四等分し太陽が各分点(15度ずつ移った点)に到達する方法。

 

 

 

△もっと知りたい面白用語集トップへ

二十四節気の種類と読み方

春:立春(りっしゅん)、雨水(うすい)、啓蟄(けいちつ)、春分(しゅんぶん)、
   清明(せいめい)、穀雨(こくう)
夏:立夏(りっか)、小満(しょうまん)、芒種(ぼうしゅ)、夏至(げし)、
   小暑(しょうしょ)、大暑(たいしょ)
秋:立秋(りっしゅう)、処暑(しょしょ)、白露(はくろ)、秋分(しゅうぶん)、
   寒露(かんろ)、霜降(そうこう)
冬:立冬(りっとう)、小雪(しょうせつ)、大雪(たいせつ)、冬至(とうじ)、
   小寒(しょうかん)、大寒(だいかん)

 

種類毎に分割すると覚えやすい。

 

昼夜の長短(各季節の中間点) - 春分・夏至・秋分・冬至
昼夜の長短(各季節の始期)- 立春・立夏・立秋・立冬
気温 - 小暑・大暑・処暑・小寒・大寒
気象 - 雨水・白露・寒露・霜降・小雪・大雪
物候 - 啓蟄・清明・小満
農事 - 穀雨・芒種

 

■二十四節気の計算
http://koyomi.vis.ne.jp/directjp.cgi?http://koyomi.vis.ne.jp/24sekki.htm

 

 

 

△もっと知りたい面白用語集トップへ