若者にしか聞こえない音モスキート音

モスキート音とは

Wikipediaでは、『モスキート とは、米国で開発された、超高周波を使った音響機器。企業の商品名ではあるが、同様のアイデアを利用した商品は、「モスキート」と称されることが多い。英国の会社が「モスキート」の商品名で、セキュリティーシステムとして2005年から地元商店などに販売。小型スピーカーから17キロヘルツという、非常に高周波数のブザー音が流れる。高周波数の音は、年齢とともに徐々に聞こえ難くなる為、おおむね20代後半以降の大人には全く聞こえないか、もしくはほとんど気にならない。しかし、聞こえる若者にとっては、かなり耳障りである。ただし、高周波数の可聴範囲は個人差が大きく、若年層以上でモスキート音が聞こえる人もおり、その人が機械の設置を知らない店員や周囲に不快感を訴えても、理解してもらえない状況に陥ることがある。』

 

本来、「モスキート」は周波数が高いために若者にしか聞こえない音で、ファミリーレストラン、ファーストフード店、書店などに長いしている若者やたむろしている若者を排除するために開発された。しかし現在では、若者しか聞こえない音が逆に若者の間で人気となっている。それは、「モスキート」は若者達だけが聞くことが出来る「若者の音」であるため、大人には聞くことが出来ない。

 

この「モスキート」音を携帯電話の着信音として使っている若者が増えてきており、最近では「超高周波の音声ファイル」が携帯電話にダウンロードできるソフトが開発され、「モスキート着信音」の販売サイトも登場した。

 

 

 

△もっと知りたい面白雑学トップへ

【聴力検査】大人は聞こえないモスキート音

【聴力検査】大人は聞こえないモスキート音【Experience the mosquito sound 】

 

現在、日本音響研究所(所長:鈴木松美氏)から「若者にしか聞こえないモスキート音CD」が発売されている。

 

「若者にしか聞こえないモスキート音CD」発売 定価\3,000

 

この商品は、深夜のコンビニエンスストアにたむろする若者を撃退するために作られた17.6kHzの音波発生装置として開発された。実際に、2009年5月より足立区の北鹿浜公園に設置され試験運用がされている。このCDには、モスキートと同じ効果のある音響信号を1時間収録している。

 

■「若者にしか聞こえないモスキート音CD」

 

■日本音響研究所
〒151-0063 東京都渋谷区富ヶ谷1-38-7
TEL 03-3467-3366
FAX 03-3467-3377
MAIL info2009@onkyo-lab.com

 

 

 

△もっと知りたい面白雑学トップへ

キティちゃんの 赤ちゃんけろっとスイッチ

■キティちゃんの 赤ちゃんけろっとスイッチ

 

※音に好奇心のある赤ちゃんの関心を引きつけて、ぐずり泣きをけろっとさせてしまう玩具です。楽器構成、テンポ、効果音、その他の音響要素がバランス良く盛り込まれている。

 

■犬語翻訳機バウリンガルボイス

 

 

△もっと知りたい面白雑学トップへ