アラーム音の着メロ

アラーム音の着メロとは

目覚ましアラーム音の着メロのダウンロードが激増しているらしい。この情報は、6/6のがっちりマンデーで放送されてました。何でも「1/fのゆらぎ」と言うのにポイントがあるとのこと。

 

携帯電話には、最初から着メロが何種類も用意されています。大抵は、これらの着メロのどれかを選択してアラーム音とするわけですが、番組でも説明していましたが、着メロのアラーム音に使うと、音にびっくりして起きることになります。しかし、この「1/fのゆらぎ」の着メロをアラーム音に使えば、音が少しずつ大きくなっていき、気持ちよく起きることが出来るということです。

 

「1/fのゆらぎ」は、Wikipediaでは『ヒーリング・ミュージックの効能の説明にも使われる言葉であり、規則正しい音とランダムで規則性がない音との中間の音で、人に快適感やヒーリング効果を与えると謳われる。しかしその根拠や効果の説明はしばしばあいまいであり、波動などに頼ることも少なくない。1/fゆらぎは人間の声にも現れると主張され、代表的な例として歌手のジョンレノン、MISIA、美空ひばり、美輪明宏、宇多田ヒカル、松任谷由実、徳永英明、Liaなどが持つとされる。』と説明されている。

 

 

 

△もっと知りたい面白用語集トップへ

究極の目覚まし音

インデックスは、携帯向けサイト「速報Musicサーチ」で、3種類の「究極の目覚まし音」の着信音配信を開始。有料コンテンツの利用料は、月額94円から。

 

これは、着メロを専門的に分析する「着信メロディ研究所」がプロジュースした3種類のアラーム用メロディで、目が覚める音を分析して製作された。ニワトリ、楽器、パルスの3種類を用意し、テンポや音量が徐々に増加することで起きやすくなっているという。

 

人間が心地よいと感じる「1/fのゆらぎ」を持った小鳥のさえずりや、人間が本能的に不快と感じる衝撃音、工場現場の騒音等をサンプリングして目覚まし音として開発した。

 

・iモード版:「着信メロディ/カラオケ」→「J-POP」
・EZweb版 :「着信メロディ・カラオケ・ボイス」→ 「J-POP」
・Yahoo版 :「着うた・ビデオ・メロディ」→「着信メロディ」→「J-POP・インディーズ」

 

■がっちりマンデー公式サイト

 

 

 

△もっと知りたい面白用語集トップへ