面白雑学

もっと知りたい面白雑学

「もっと知りたい面白雑学」では、TV、新聞、雑誌等で見かけた面白い情報やためになりそうな情報、ちょっと気になる情報を紹介しています。

 

■六次の隔たり−6人以内の人間関係
「六次の隔たり」は、人は自分の知り合いを6人以上介すと世界中の人々と間接的な知り合いになれるという仮説。「六次の隔たり」を分かりやすく説明。

 

■初夢はいつ見る
正月に見る「初夢」はいつ見る夢が正解。良い夢を見るためのとっておきの方法とは、縁起の良い夢とは?

 

■秋霜烈日【しゅうそうれつじつ】
秋霜烈日【しゅうそうれつじつ】は、検察官がつけるバッジの呼称で検察官のあるべき姿勢−厳正な職務と理想像を象徴しています。

 

■クラッシュ症候群
クラッシュ症候群とは身体の一部が長時間押しつぶされ圧迫された後に解放されると様々な症状が発生する症候を言う。挫滅(ざめつ)症候群ともいう。

 

■視野狭窄 治療
視野狭窄(しやきょうさく)とは、視野が狭くなることで、視野狭窄の原因は緑内障、網膜剥離やヒステリーが考えられる。

 

■節分とは
節分には戸口に柊やイワシを付けたものを立て、豆まきをして鬼を家から追い払わう。また、恵方の方角を向いて恵方巻きを食べる。

 

■友愛数と完全数
映画『博士の愛した数式』で寺尾聰が扮した数学博士が友愛数の組220と284を家政婦に分かりやすく説明した数学用語。

 

■熊本城 一口城主
「一口城主」は、熊本城の復元資金を募るために行った熊本市の寄付制度で1口1万円で熊本城の城主になれる。

 

■ストスナとは
ストスナとは、ストリートスナップのことで待ちを歩いているお洒落な若者をそのままの格好で撮影すること。

 

■お箸作法 マナー違反
嫌い箸、忌み箸、禁じ箸とは日本のお箸作法でマナー違反とされる禁じ手のこと。知らずに嫌い箸をしている人が多い。

 

△もっと知りたい情報局 samadscトップページへ戻る