そうめん瓜 レシピ

そうめん瓜とは

そうめん瓜は、「金糸瓜」や「錦糸瓜」と言います。俗称は、「ソーメンカボチャ」ウリ科カボチャ属のペポカボチャの一種で、ズッキーニなどと近い仲間。一年生のツルで、縦長の楕円系。直径20cm、長さは30cm程度になるとのことです。

 

昔は、あまり市場で出回っていなかったが最近は出回るようになってきた。
ゆでると果肉がそうめん状にほぐれるから、「そうめん瓜」と呼ばれるようになったのでしょう。ほぐすと、均一な細さの繊維状になり、まるで麺さながらです。
これが野菜だなんて誰も思いませんよね?

 

Wikipedia「キンシウリ」では、「キンシウリ(金糸瓜、錦糸瓜、学名: Cucurbita pepo)は、ウリ科カボチャ属ペポ種に属する一年生の西洋カボチャの一変種。アメリカ大陸原産。ソウメンカボチャ(素麺南瓜)、ソウメンウリ(素麺瓜)、イトカボチャ(糸南瓜)ともいう。日本には明治期に入って導入され、寒冷な気候にも比較的強く北日本でも栽培されている。日本での植付けの時期は春であり、収穫期は夏である。」と書かれている。

 

 

 

△もっと知りたい美食・グルメトップページへ戻る

 

 

 

そうめん瓜 レシピ

そうめん瓜は、シャリシャリした歯ごたえがあり、加熱してもシャリシャリ感は無くなりません。麺ツユや三杯酢には良く合います。暑い夏には、やはり「そうめん」ですね。
また、そうめん瓜はカリウムが豊富に含まれていることから利尿作用も期待できるのでむくみやすい人にはオススメです。

 

そうめん瓜は、皮が固いので注意しながら適当な幅(4〜5cm程度)の輪切りにして、水からゆでます。20分ほど沸騰させて、身に箸が通るようになったらおしまいです。後は、水で冷まして置きます。瓜の内側を箸などでほぐして行くと繊維状の帯みたいにほぐれます。
これを麺つゆに付けて食します。

 

そうめん瓜は、そうめん、サラダ、漬け物、酢の物等に向いています。

 

 

△もっと知りたい美食・グルメトップページへ戻る